聞こえと補聴器について

ご存知ですか?ご自分の耳のこと。。。

たとえば老人性難聴など、年齢とともに聴力が低下するのは自然の現象です。
しかも、はじめは軽度であってもそのままにしておくと、次第に難聴の程度が進むケースが多いようです。
視力を補うメガネと同様に、聴力を補う補聴器もぜひご活用ください。

難聴の種類

難聴の種類
  • ● 伝音難聴

    中耳炎や鼓膜の損傷などによる、外耳から中耳にかけての障害が原因です。
    医学的に治療が可能とされています。

  • ● 感音難聴

    内耳以降の感音器の障害が原因です。年齢とともに聞こえにくくなったり、また薬物や長時間騒音下にいることによる聴覚障害です。一般的に医学治療は困難とされています。

  • ● 混合難聴

    感音難聴と伝音難聴の両方の症状があります。

難聴の程度

聴力の低下の度合いによって以下に示すように、難聴の程度が決まります。
あなたの聞こえは、どのレベルでしょうか?

正常 25dB以下 ほとんど不自由しない。
軽度難聴 26~40dB 聞き取りが少し困難になり、遠くの声などが聞きにくくなる。
中等度難聴 41~55dB 普通の会話の聞き取りが困難になる。
56~70dB 普通の会話が聞き取れない。
大きな声なら聞き取れる。
高度難聴 71~90dB 耳元の大きな声ならなんとか聞き取れる。
ろう 90dB以上 ほとんど分からない。

補聴器選びの3つのポイント

  1. ポイント1

    ● 「ご自分の耳の聞こえ具合を知る!」

    まずは、ご自分の耳の聞こえ具合を把握しましょう。人それぞれに耳の特徴があり、聴力損失の程度も異なっているからです。
    補聴器選びの第一歩は耳の特性を知ることです。

  2. ポイント2

    ● 「補聴器の特性を知ること!」

    耳と同じように補聴器にも特性があります。形状の違いから、音質の違いなど、その特性がご自分の耳の特性とうまく合ってこそ“自分にふさわしい補聴器”と言えます。
    ご自分の耳にぴったりと合うこと。それが補聴器選びの基本です。

  3. ポイント3

    ● 「専門医・専門店でのご相談!」

    補聴器をお買い求めの前には、必ず聴力の測定をお受けください。専門医もしくは専門店でじっくりとご相談ください。